Iphone,修理について

水没したIphoneは電源を入れずに直ぐ修理へ

Iphoneの修理が必要になる場合では、水没がその原因になることも数多くあります。
この水没は、本当に水の中に端末を落としてしまう完璧な水没から、水などか掛かったことで水没状態になる場合など、主に二つのパターンがあります。
そのため本格的に水の中に落とさない場合でも、水没状態になってしまうケースが多くなっています。
例えば雨が降る中でIphoneを取り出した時にドックコネクターへ水滴が入ってしまい、水没状態になることもあります。
水没状態で気を付けなければならないことは、直ぐに修理へ出すことと、電源を入れないことです。
純水の場合では電気を通しませんが、それ以外の場合では電気を通しますので、内部が濡れた状態で通電した場合、電気的にショートを起こす可能性があります。
そのため電源を入れて動作確認などをする行為が、ショートの引き金になり、本当に壊してしまうことがあります。
その可能性もありますので、水没時では電源を入れずに、そのIphoneを修理へ出すことが賢明です。

Copyright© Iphone,修理 All Rights Reserved.