Iphone,修理について

海水にIphoneが浸かった場合は修理業者に連絡を

海に山に、レジャーでもIphoneが活躍することは多々あります。
しかしそのようなアウトドアで使用する場合に注意したいことが、水没と言えます。
特に海に落とすことは当然として、海水で濡れた手で操作することも、控えておきたい行為です。
Iphoneは電子パーツの詰まった精密機器ですから、塩分を多量に含む海水が付着することは、最も避けるべき事柄です。
万一、スリットなどから海水が侵入した場合では、直ぐに修理業者などに相談することが重要になります。
例えば海中への水没によって内部が濡れた場合では、濡れたことよりも、乾くことが問題になる場合もあります。
海水は乾きますと塩の結晶が内部基盤に付き、そこから腐食が始まり、内部から傷み出すことがあります。
そのため修理業者に出すまでの間に乾燥する恐れがある場合では、応急処置のアドバイスを受けることが望ましくなります。
場合によりましては水で塩分を洗い、綺麗な水の入った袋にIphoneを入れたまま修理に出すなど、何らかの助言がもらえる場合があります。

Copyright© Iphone,修理 All Rights Reserved.